食レポ

單眼皮雙眼皮で軽食を~華陰街の朝食屋さん~

單眼皮雙眼皮

こんにちは。

突然ですが、皆さんは朝ご飯を食べますか。私は普段、家でササッと食パンを食べることが多いのですが、たまに喫茶店やファストフードのモーニングサービスを利用します。外で食べるのは、いつもと違うちょっと特別な気分になれるので好きなんですよね~。

台湾滞在中はどうしているかといいますと、だいたい外へ食べに行きます。外食産業が盛んな台湾では朝食も外で食べる文化があり、「朝ご飯専門店」がたくさんあります。「早餐」と書かれた看板があるお店がそれです。豆漿(豆乳)と油条、小籠包など伝統的な台湾式朝ごはんのお店もあれば、三明治(サンドイッチ)やハンバーガーなど西洋式朝ごはんのお店もあります。

営業時間はお店によってさまざまですが、早朝~午後2時か3時といったところでしょうか。先に「朝ご飯専門店」なんて書きましたが、ランチも大丈夫です。

今回は台北駅エリアにあるちょっとおしゃれな「朝ご飯専門店」を紹介したいと思います。

マンゴーかき氷
21街冰棧のマンゴーかき氷 ~中山地区で一番おすすめ~こんにちは 中山エリアをぶらぶら歩きながら、ふら~っと入ったら意外とよかった「かき氷のお店」を紹介します。 海外...

單眼皮雙眼皮

單眼皮雙眼皮單眼皮雙眼皮

Qスクエア(京站)の北側に華陰街という通りがあります(私は京站の裏の通りと呼ぶこともあります)。Qスクエアの東の端から華陰街を東に100メートルほど行ったところにある「單眼皮雙眼皮」というお店です。店の名前を日本語に訳すと「一重まぶた二重まぶた」です。なぜこの店名にしたのかは分かりませんが、ユニークな店名なので覚えやすいです。

店内に入ると、1階にカウンター席があります。店員さんの案内に従い地下1階へ行きました。地下1階はイス・テーブル席が5席ぐらいと、靴を脱いでカーペットに上がるテーブル席が3席ぐらいあったと思います。

それぞれのテーブルに注文を記入する用紙がありますので、注文の数を書きます。日本語のメニューや写真はありませんでした。

注文用紙の左半分は、具材やパンの種類を選べる単品メニューや飲料について書いてあり、右半分はセットメニュー(套餐)の注文表でした。

漢字とにらめっこしながらいちいち考えるのが面倒だったので、右半分のセットメニュー(套餐)から選ぶことにしました。

吐司→トースト 起司→チーズ 貝果→ベーグル 三明治→サンドイッチ 火腿→ハム 培根→ベーコン などの外来語は漢字の意味のイメージと結びつきにくいですな。

注文を記入した用紙を1階にいる店員さんに渡して、お会計をします。お水やカトラリーは地下1階の真ん中のあたりに置かれていますので、必要に応じてセルフでお願いします。あとは席で待ちましょう。

created by Rinker
¥1,760
(2022/12/07 22:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

メニューの紹介

D・美式炒旦+培根火腿+招牌醤吐司+風味小點+紅茶 NT$95

單眼皮雙眼皮のセット單眼皮雙眼皮のセット

スクランブルエッグ+ベーコン・ハム+おすすめのペーストを塗ったトースト+小さいデザート+紅茶 ※ちなみにこの日の小さいデザートは「おしるこ」のようなものでした。紅茶は砂糖入りのアイスティーでした。

G・醤醤醤醤(原味、花生、巧克力、香蒜 厚片)+沙拉+水煮旦+風味小點+紅茶 NT$155

單眼皮雙眼皮のセット單眼皮雙眼皮のセット

マーガリン、ピーナッツバター、チョコ、ガーリック、4種の厚切りトースト+サラダ+ゆでたまご+小さいデザート+紅茶 ※こちらも小さいデザートは「おしるこ」のようなものでした。紅茶も砂糖入りのアイスティーでした。

厚切りトーストですのでボリュームがあります。日本では食パンを焼いてからクリームやマーガリンを塗るのが一般的ですが、このトーストは先に塗ってから焼いているようで、チョコトーストはチョコの部分がパリパリでした。パンの味は「まずくはないけど、特別おいしいというほどでもないな~」という感じがしましたが、台湾で市販されているパンのレベルは日本ほどではないので、台湾の中で考えると中の上かもしれません。

場所の情報

カフェカフェ

住所 台北市中山区華陰街19号

電話番号 0989-321-522

営業時間 8:00~15:00

まとめ

カフェカフェ

Qスクエア(京站)からほど近いところにある「單眼皮雙眼皮」でボリュームたっぷりの朝ご飯をたべて一日のエネルギーをチャージするもよし、お買い物のついでにランチするもよし。いかがでしょうか。

休日の午前は非常に混みあうそうです。

劉山東牛肉麺
劉山東牛肉麺 ~開封街の路地に佇む清燉牛肉麵の老舗~台湾には、牛肉麺という麺料理があります。もともと牛肉麺は中国北方の食べ物であり、最近日本でブームとなった蘭州牛肉ラーメンもその一つです。...
ABOUT ME
宝島泣き笑い日記
2007年台湾留学を1か月後に控えた男性とめぐり合い、数年後に結婚。台湾の文化や食べ物に徐々に馴染み、現在は年2回程度、台北を中心にのんびり旅しています。 夫による情報もたまに投稿していきますのでよろしくおねがいします。 どんな夫かといいますと・・・子供の頃見た「キョンシー」から台湾に興味をもち、留学、仕事、旅行など台湾(台北)と日本を行ったり来たりすること約20年。台北駅~中山駅周辺をぶらぶらしていることが多いです。
関連記事